道路整備、防災対策、災害復旧などの土木工事、各種建築工事の設計・施工


  • 採用情報
  • 若手社員インタビュー
  • 安心して暮らせる活力ある住み良い地域をつくる 土木部
  • より安全・快適な暮らしと空間づくりのお手伝い 建築部


SELECT TOPICS(過去記事より)
2017/02/14

リフォームフェア2017in糸魚川

2月18日(土)、19日(日)に、リフォームフェア2017in糸魚川を開催します。「ビーチホールまがたま」にて。当社の建築部も共催店として参加していますので、リフォームに関心のある方は奮ってご来場くださいませ!
2017/01/18

駅北大火が発生!消火活動支援、道路確保、ガレキ搬出などを行っています

昨年12月22日に発生した糸魚川駅北の大火に際して、被災された皆様方には心よりお見舞い申し上げます。広小路通りの上海軒で発生した火災は、折からの強風にあおられ瞬く間に市内広域に飛び火し、消防関係者の懸命な消火活動にもかかわらず大変な大火となってしまいました。火災発生当日の夜9:00過ぎに、糸魚川市消防本部より、消火活動の支援要請を糸魚川市建設業協会にいただきました。このため直ちに当社建設機械とオペレーターおよび誘導職員の出動を手配いたしました。この後、夜を徹して作業に当たり、翌日朝からは他社からも応援を得て台数を追加し、夕方まで延べ6台の建設機械により消防署の消火活動支援を行いました。その後も、道路確保のためのガレキ撤去作業、火災箇所への侵入規制、建物壁防護作業、立ち入り禁止柵設置作業を行っています。そして、新潟県建設業協会糸魚川支部により、建設機械を提供して思い出の品物を探すボランティア活動を行うことを市へ申し入れ、29日・30日に他のボランティアの人たちと共に活動を行いました。新年の1月6日からは、被災地のガレキ搬出作業を始めています。
2016/10/25

第4回 まちづくりと土木・建設フェアを行いました

本年も10月1日(土)、地域の人たちに建設業の意義を発信し身近に感じてもらうイベント「まちづくりと土木・建設フェア」を糸魚川建設会館を会場に行った。主催は県糸魚川地域振興局と県建設業協会糸魚川支部で、今年が4年目。各種建設機械の展示や乗車体験など多彩な催しを行い、家族連れなど約1,100名の来場者でにぎわった。メインイベントの小学校5・6年生による絵画コンクール展には、市内15校から合わせて311作品が集まり、審査結果の発表と表彰式を行った。最優秀作品は会館外壁に大きく拡大したパネルを制作し、2年間掲示されます(今年度と昨年度の最優秀作品を掲示)。
2016/08/06

本社事務所屋上に看板設置

国道148号線と中央大通り線が接続して、当社の事務所がとても目立つようになりました。以前に屋上看板がありましたが、屋上手すりの老朽化に伴い撤去したままでした。今回、国道に面した看板だけでは目立たないので、屋上看板をリニューアルして設置いたしました。夜間のライトアップも行っています!
2016/08/02

今年も恒例のゴルフコンンぺを行いました。

去る5月14日に糸魚川カントリークラブにて第15回籐洋杯ゴルフコンペを行いました。後藤組・小滝建材の職員有志および協力業者のみなさん他10組36人が参加。表彰式は上刈会館をお借りして、おおいに盛り上がりました。また、7月23日には職員有志によりグリーンメッセ能生において、4組11名でこれもまた恒例のウエステリアンカップゴルフコンペを行いました。
2016/08/02

高田河川国道事務所長より優良建設技術者表彰を受賞!

7月22日に、国土交通省北陸地方整備局・高田河川国道事務所において、平成27年度完成優良工事等の事務所長表彰式があり、当社の土木部主任・青木洋平さんが、歌高架橋下部その5工事で「優良建設技術者」の表彰を受けました。選定理由として「隣接工事5件からなる工事施工者との工事連絡会で、会長となり関連工事全てが円滑に進捗できるよう、日々調整を率先して行い、…波浪や暴風時等の連絡も先頭に立ち行い、…狭隘な作業環境の中でも使用機械を細かく選定するなど、安全管理においても指導力を発揮し、無事故無災害で工事を完成させた。」と評価いただきました。
2016/05/02

職員旅行に行って来ました!

後藤組と(グループ会社である)小滝建材の合同で、2年に一度行っている職員旅行。今年は久しぶりに海外へ行って来ました。行き先はベトナムのハノイです。2班に分かれ、第1班が4月13日から16日、第2班が4月19日から22日。ハノイは日本(羽田空港)から約5時間半(帰りは4時間半)。ベトナムは人口が約9,000万人の発展途上の国です。日本とも関係良好のようで、空港も日本の援助で最近できたとのこと。バイクの多さとエネルギッシュな街の様子、のどかな郊外の様子を体験。ユネスコの世界自然遺産「ハロン湾」でのクルーズツアーも楽しみました。異国に触れて大いに見聞を広めて来ることができたと思います。(写真は1班の様子) ※ 詳しくは、社内イベントページに掲載。
2016/04/21

第19回 R148 クリーン作戦

4月8日に当社と小滝建材が合同で、国道148号線沿道のゴミ拾い・マナー呼びかけ活動 「第19回R148クリーン作戦」を、4区間に別れ57名が参加して行った。当地を訪れる観光客の皆さんなどに気持ち良く通行してもらおうと社会貢献活動として毎年4月に行っているもので、ことしが19年目。空き缶、ペットボトル、タバコの吸い殻、お弁当の空箱、雑誌などを回収した。毎回のことですが、マナーの悪い人が少しでも減ってほしいと思います(写真右は4月13日付糸魚川タイムス記事)。
2016/03/31

当社事務所の太陽光発電設備が売電を開始

本日より当社南側車庫の屋根に設置した太陽光発電設備(低格出力9.9KW)が、東北電力への系統連係を完了し電力売電を開始しました。本日は晴れの天候で、正午頃に事務所の消費電力と同程度の発電を確認いたしました。良い感じで発電しています。個人住宅用太陽光発電の2倍くらいの規模で、ささやかなものですが、売電による消費電気料金の相殺と、自然エネルギー導入による社会貢献に寄与するものと思います。
2016/03/24

第18回松本砂防事務所工事安全対策研究発表会、及び高田河川国道事務所第25回技術研究発表会で受賞

去る2月4日に、国土交通省北陸地方整備局の「第18回松本砂防事務所工事安全対策研究発表会」において、応募のあった24編から当社の榊原土木部第一部次長による「小滝瀬野田砂防堰堤その3工事における増水対応の作業通路について」が、発表論文6編のひとつに選ばれ発表後審査の結果、優秀賞に次ぐ入賞となりました。また2月18日には、同「高田河川国道事務所第25回技術研究発表会」が行われ、応募論文41編から特に優れた12編について発表が行われました。その中で当社の土木部青木主任による歌高架橋下部その5工事を題材にした「既存構造物における断面修復工法の検討について」の論文発表が行われ、優秀賞に次ぐ奨励賞を受賞いたしました。